運動器画像

適応症状 変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、半月板と言われる膝関節にある軟骨が加齢や筋緊張、筋力低下によってすり減り、内部の骨が露出した結果、圧迫を受けて骨棘(骨のトゲ)を形成してしまい痛みが生じる状態です。

変形性膝関節症画像

また、関節包と呼ばれる関節を覆っている繊維膜の内側に炎症が起き、黄色味がかった粘り気のある液体が分泌され、膝に水がたまった状態になります。
また、痛みが出ているうちは変形が進んでいる状態のため、よりO脚が強くなっていく可能性があります。

しかし、骨格と筋肉のバランスを整えるよう施術していくことで、痛みを感じにくくなっていきます。それはつまり膝関節症の進行を抑え、今以上O脚にならないようになります。

そしてこの変形性膝関節症は施術を行う時期がとても大事になります。それは痛みがある間に施術を行う必要があるということです。
痛みがなくなった状態は「変形が完了してしまった状態」と言え、その変形自体は元には戻りません。
ですが、痛みが出ている状態は「変形途中」なので、まだ変形自体が緩和する可能性があります。

主な原因

・加齢
・骨粗鬆症
・骨盤や骨格の歪み
・筋緊張のバランス不良
・身体に合わない靴など

当院の変形性膝関節症
に対する施術

変形性膝関節症に対する当院の考え方は、身体の構造的な観点を大事にしています。
人間が2足歩行で重力に抵抗するには、背骨や骨盤の正しい骨格バランスが必要です。そのバランスがどうしても加齢によって崩れてしまいます。
そのバランスを股関節がカバーし、またその股関節をカバーする為に膝に負担がかかります。

なので当院では膝自体に対する処置を行うだけでなく、原因の根本である背骨や骨盤が正しくバランスが取れるように筋緊張を整えていきます。

膝の内側に痛みを感じる事が多いので、膝の内側の施術を行う場合が多いのですが、それは施術内容としてはNGな場合があります。
膝の内側の筋肉(内転筋)は、これ以上膝が悪化しないように頑張って耐えている場合があるので、その場合は施術して緊張を取ってしまうと症状が悪化してしまいます。

当院ではそのような状態も見極めて、より効果的な施術を行います。