運動器画像

適応症状 変形性股関節症

変形性股関節症

変形性股関節症とは

股関節のクッションになっている軟骨の摩耗し、股関節の受け皿の部分の骨と大腿骨の骨頭が変形することで、痛みや可動域制限、脚長差などが生じてしまいます。

中高年の女性に起こりやすく、臼蓋形成不全(股関節のお皿の発達不足)などがある方では、若年でも発症する事があります。進行してしまった場合は人工関節に置き換える手術を行う事もあります。

そしてこの変形性股関節症は施術を行う時期がとても大事になります。それは痛みがある間に施術を行う必要があるということです。
痛みがなくなった状態は「変形が完了してしまった状態」と言え、その変形自体は元には戻りません。
ですが、痛みが出ている状態は「変形途中」なので、まだ変形自体が緩和する可能性があります。

主な原因

・臼蓋形成不全
・骨粗鬆症
・骨盤や骨格の歪み
・筋緊張のバランス不良
・身体に合わない靴など

当院の変形性股関節症
に対する施術

股関節の可動域を取り戻し、痛みを取り除く為に主にお尻の筋肉を緩めます。

また骨盤のバランスを取ることも重要です。
骨盤が前や後ろに倒れる状態だと、股関節の角度が変わってしまい、前に倒れるとX脚気味に、後ろに倒れるとO脚気味になります。この状態だと股関節に負担がかかりやすく、症状を悪化させてしまいます。

症状が落ち着いてきたらストレッチなどをお伝えして再発予防もお手伝いさせて頂きます。