運動器画像

適応症状 変形性頚椎症

変形性頚椎症

変形性頚椎症とは

頚椎(首の背骨)や椎間板(背骨の間のクッション)にストレスが加わり骨の形状が変化してしまいおこります。

骨の形状変化によって生じた骨棘(こつきょく:骨が棘状に尖ったもの)が神経や脊髄を圧迫してしまい、神経圧迫の結果痺れや感覚異常、痛みなどの症状が発症します。
椎間板ヘルニアは20〜40代に多いですが、変形性頚椎症は40代以降に多いのが特徴です。 進行すると運動障害なども引き起こしてしまうので、早期の対処が必要になります。

一度変形してしまった骨を元に戻すことは難しいですが、周囲の筋肉を緩めて頚椎や椎間板にかかるストレスを減らすことで、症状の悪化を予防することが期待出来ます。
また、筋肉が緩むことにより、患部の血液循環の改善も期待できるので、痛みの出にくい状態を目指せます。

そしてこの変形性頚椎症は施術を行う時期がとても大事になります。それは痛みがある間に施術を行う必要があるということです。
痛みがなくなった状態は「変形が完了してしまった状態」と言え、その変形自体は元には戻りません。
ですが、痛みが出ている状態は「変形途中」なので、まだ変形自体が緩和する可能性があります。

主な原因

・加齢
・骨粗鬆症
・長時間のスマートフォンやデスクワーク
・骨盤や骨格の歪み
・筋緊張のバランス不良

当院の変形性頚椎症
に対する施術

似たような症状でも対処方法が変わってくるのでまずは正確な鑑別を行います。当院での対処が可能な症状であれば施術致します。

上記にもあるように、変化してしまった骨は元に戻せませんが患部の施術にて症状緩和や悪化の予防を行います。また骨格の問題や他の筋肉の影響なども考慮して、全身的な施術を行います。