適応症状 ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは

正式名称を膝蓋靱帯炎と言います。
ジャンプを多く行うスポーツなどで大腿四頭筋という筋肉が硬くなり、それに繋がる膝蓋靭帯という靭帯に負担がかかり、炎症を起こす状態を言います。

この大腿四頭筋は身体の中でもとても強い筋肉で、負担がかかりやすのが特徴です。
また運動のやりすぎ、間違ったランニングフォーム、骨盤のバランス不良、股関節の可動域制限などがあるとさらに負担がかかりやすくなってしまい、炎症を引き起こします。

主な原因

・ジャンプの多いスポーツや運動
・大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の緊張
・下り坂(登山など)での長時間の歩行
・骨格や骨盤の歪み

当院のジャンパー膝
に対する施術

まずは大腿四頭筋を緩めて炎症が悪化しない状態を作ります。

また再発予防の為に、お尻の筋肉や他の太ももの筋肉を緩めて骨盤のバランスを取ります。骨盤が前傾姿勢だと、大腿四頭筋が短縮した状態で力を入れることになるので、負担が溜まってしまいます。なのでその施術も合わせて行う事が大事になります。

症状は緩和してきたら、ストレッチ方法などをお伝えして再発予防に努めます。