運動器画像

適応症状 上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎とは

肩に痛みが出るものの一つです。
これは一般的に「チカラコブ」を作る筋肉「上腕二頭筋」の腱の炎症によって発生します。
上腕二頭筋は字のごとく頭を2つ持っている筋肉で短い方は肩の前側の方へ。そして長い方は腕の骨の一番上にある溝を通って肩甲骨と靭帯が作るトンネルを通り、腕の骨がくっついてる関節上部へ着いています。

肩に痛みが出るものの一つで、夜間に突然生じる激烈な肩関節の痛みで始まることが多いです。
その痛みによって睡眠が妨げられ、動かすことが苦痛になります。

また、悪化させてしまう要因として、静脈の循環不全があります。
静脈の流れが悪くなり、老廃物が溜まると、上腕二頭筋腱にかかるストレスを増大させてしまうので、炎症を引き起こして慢性化させやすくなってしまいます。

長頭腱炎画像

しかし、慢性化してしまったものも諦める必要ありません。
そもそも慢性化の原因は炎症の起きているときも絶えず動かしてしまい、治らないうちに身体の自己治癒期間が終わってしまった状態です。
なので、もう一度意図的に再炎症を起こして、今度はしっかりと損傷部位の治癒環境の確保をしてあげることで状態は良化していきます。

主な原因

・首や肩のコリ
・骨格や骨盤の歪み
・静脈系の循環不全
・スポーツや運動のしすぎ

当院の上腕二頭筋長頭腱炎
に対する施術

どこが痛みの原因かをいくつかのテストを行って正確に状態を把握し、なぜこの炎症が起きてしまったのかを考えます。
特に激しい運動もせずになってしまった場合、日常生活での動作が原因の可能性があるため、悪化及び再発防止のためはっきりさせることが重要です。

施術内容としては、患部にかかるストレスを減らす為に手技療法を行い腕の筋肉を始め、肩周りの筋肉を緩めていき、普段の生活での痛みを減らしていきます。
程度によっては激しい運動は控えていただくこともあります。

そして筋肉だけでなく、静脈へのアプローチも行います。特殊な器具やかっさを用いて血行改善を行います。

症状が収まってきたら、今度はしっかりと肩が動かせるようになるための運動療法を行います。これは現場復帰(スポーツ復帰)や再発予防のための大切なものとなります。