運動器画像

適応症状 ランナー膝

ランナー膝

ランナー膝とは

正式名称を「腸脛靭帯炎」といい、膝の外側に痛みが出る疾患です。
「腸脛靭帯」とは骨盤外側から膝の外側に2関節に渡ってついている太もも横のとても長い靭帯です。
膝の屈伸を繰り返すことで足の骨と靭帯が過剰に擦れ、炎症が起きてしまいます。

ランナー膝画像

マラソンなどの長距離ランナーに好発することから「ランナー膝」と呼ばれるようになりましたが、
バスケットボールやサッカー、水泳、自転車、バレエ等、膝の屈伸を繰り返す負荷の多いスポーツでも発症します。
またO脚やシューズ、路面傾斜など原因は様々です。

膝の角度が20〜30°ぐらいで靭帯と骨が擦れ合うため、膝が真っ直ぐの時やしゃがんでいる時は痛くありません。
走っている時や夜の寝返りの時、車から乗り降りするときに痛みが出たりします。

患者様の感じ方では膝の周囲に痛みが出るので、膝に原因があると思いがちですが、
上の画像にもあるようにお尻の筋肉から繋がる腸脛靭帯が起こす炎症なので、
お尻の筋肉と腸脛靭帯の張力を抑えてあげる事が重要になります。

運動をされている方が慢性的に患っている事が多いので、「上手く付き合っていくもの」。
といった認識を持たれている方もいますが、お尻の筋肉をはじめ、正しく処置を行う事で改善を目指すことが可能です。

主な原因

・ランニングのしすぎ
・ランニングフォームの問題
・臀部(お尻)の筋肉の緊張
・筋力バランスの不良
・骨格や骨盤の歪み

当院のランナー膝
に対する施術

まずは大腿部(太もも)にある大きな筋肉をしっかりと緩めていき、腸脛靭帯のストレスを和らげるようにしていきます。
その後お尻やふくらはぎなど関係のある筋肉を緩めていき、膝に痛みが出にくいよう施術を行い炎症が治まりやすい環境を作っていきます。

また、腸脛靭帯と外側広筋(太ももの筋肉)に癒着(ゆちゃく:組織同士がくっつき正常な働きが行えない状態)が起きている場合もあるので、その癒着を剥がして正しく靭帯や筋肉を使えるようにします。

落ち着いてきたら、痛みの出方を細かくチェックしながら施術計画を微調整していき、お体の使い方や再発しにくいようにするためのアドバイスを行います。