運動器画像

適応症状 シンスプリント

シンスプリント

シンスプリントとは

シンスプリントは主にスポーツによるオーバーユースによって発生し、脛骨の内側下方が好発部位ですが、脛骨全体に沿って発症します。
上部1/3なら疾走型、中部1/3なら跳躍型、下部1/3なら後内側型と言われます。
正式名を脛骨過労性骨膜炎といい、筋肉がくっついている骨の膜(骨膜)が何度も何度も引っ張られることで骨膜に炎症が発生します。

シンスプリント画像

激しい運動をしている人がなりやすく、急発進急ブレーキを繰り返すようなスポーツ(テニス、サッカー、バスケなど)がかかりやすいと言われています。

初期の頃は運動し始めだけ痛みが出て、しばらくすると痛みが落ち着くため大したことないと安易に考えてしまう方が多いです。
そのまま続けていくと、運動しても収まらず、安静時にも痛みが出るようになり、腫れや熱感を伴うこともあります。

最悪の場合は疲労性の骨折まで起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

身体の問題だけではなく、競技の環境(土のグラウンド・人工芝など)やシューズが合っているかなど、
複雑に原因が絡み合うので、専門的に知識を持った人間が対処を行う必要があります。

主な原因

・飛ぶ、走るなどを繰り返す運動やスポーツ
・ランニングフォームの問題
・筋力バランスの不良
・骨格や骨盤の歪み

当院のシンスプリント
に対する施術

筋肉をしっかりと緩める施術を行って骨膜にかかるストレスを軽減。
痛みが緩和してきたらストレッチやテーピングを行い、足底のアーチの状態を見ていきながら徐々に運動の強度を上げていきます。

そしてスポーツ以外で要因となっているものを探します。なりやすいタイプとして以下の4つがあります。

1.扁平足
2.すねまわりの筋肉が硬い
3.体重が増加した
4.ランニングフォームが悪い

それぞれのタイプごとの施術とセルフケア法を行って頂き、お身体のバランス改善を行っていきます。
そうすることで再発を防止し、なりにくいお身体を作り上げていきます。