糖尿病画像

糖尿病

適応症状 糖尿病

糖尿病に特化した
施術とアフターサポートを行います

糖尿病とは

成人病として知られる、糖尿病。
食生活の変化などにより、日本でも人数が増えてきました。糖尿病は血糖値が慢性的に高い値を継続する状態。
1型糖尿病と2型糖尿病に分かれていますが、ここでは2型糖尿病についてご説明致します。
2型糖尿病では、食生活や運動不足、などが主な原因と言われています。その為、生活習慣病の代表的なものとして認知されています。

この2型糖尿病は、現代の食生活に人間の身体が適応出来ていないことが、特に大きな要因になっています。
私達の遺伝子は、まだ狩猟時代の生活に対応していると言われています。
その頃には、まだ「糖質」は安定的に摂取出来ませんでした。人間にとって珍しいものだったのです。
タンパク質は食べすぎると気持ち悪くなり、脂質は食べすぎると、下して体外に排出します。
しかし、人間の身体は「糖質」だけは、食べた分だけ身体に蓄えようとします。その結果、「糖質」が簡単に摂取出来るようになった現代社会では、圧倒的に摂りすぎる事になりました。
人間の身体も、いずれその異常さに気が付きます。気がついた身体が無理やりこれ以上「糖質」を蓄えないようにした状態が糖尿病です。

血糖値が高いという事は、身体に蓄えなかった「糖質」が血中に残っている状態なのです。
人間が長い進化の歴史の中で得た能力であれば、不具合は起きませんが、個人が無理やり適応しようとすると糖尿病という不具合がある状態になります。
糖尿病が基礎疾患としてあるだけで、他の病気になった時に悪化する要因になりますし、合併症もとても怖いものがあります。

3大合併症と言われるものに
・糖尿病性網膜症
・糖尿病性腎症
・糖尿病性神経障害
があり、その他有名なものとしては動脈硬化症があります。
糖尿病は簡単に言うと血管がボロボロになる病気です。なので3大合併症は毛細血管が豊富な所に発症しますし、動脈硬化症など直接血管の病気の原因にもなります。

糖尿病は1度なってしまうと、良くならないと諦めてしまう方は多いかと思います。
ですが、正しい手順を踏めば改善を目指すことが可能です。

糖尿病対策5ステップ

①糖質が多い食品の買いだめをやめる。
②一番悪い糖質(砂糖が入った飲み物)を控える。
③砂糖をなるべく避ける。
④GI値を確認して食品を選ぶ。
⑤食べない時間を設ける

これらのステップを正しく行い、施術を行って内臓の働きを助ける事で効果が期待できます。

当院の施術

当院の糖尿病への施術では2型糖尿病の方を対象としています。 1型糖尿病の方は専門機関への受診をおすすめしています。

糖尿病対策5ステップのアドバイス

上記、糖尿病対策5ステップを詳しく説明してご自身で実践出来るようにサポート致します。
この5ステップは無理なく、自然に糖質制限が出来るように構成されています。
今まで糖質制限を試したが、上手くいかなかった方にもおすすめです。

糖尿病tool画像

煩わしいGI値の計算もサポート出来るLINEを使ったアイテムをご用意致しました。
食品名を入力して頂けると、GI値を表示するようになっています。

内臓へのアプローチ

インスリン分泌を行う膵臓へのアプローチを行います。
糖尿病の方は膵臓の働きが落ちているので、膵臓がしっかりと働きインスリンを分泌出来るようになると、
血糖値は下がりやすくなります。

そして肝臓にもアプローチを行います。
実はインスリンヒエラルキーという言葉があって、インスリンによって糖質を身体に蓄える時に優先順位が存在します。
筋肉→肝臓→脂肪細胞の順です。
なので、肝臓に溜まっている糖質を排出出来ると、脂肪に溜め込まず、血糖値も下げる事が可能になります。

上記の糖尿病対策5ステップと内臓へのアプローチを並行して行う事で、効果が最大限期待出来ます。
糖尿病でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。