運動器画像

適応症状 分離すべり症

分離すべり症

分離すべり症とは

まず、「分離症」という状態になります。
中学生・高校生に多く発症し、スポーツなどで激しい運動を行った際に背骨(腰椎)の後方部分に亀裂が入って起こります。いわゆる怪我のように単発での障害ではなく、スポーツの練習などで繰り返し負荷がかかる事で発症します。

分離症になった状態を放置してあっかすると、「分離すべり症」に進行してしまい、腰痛などの症状の悪化や神経症状の発症などがおこります。
また、スポーツなどの運動による原因ではなく、加齢による腰椎の変性によって起こる分離すべり症もあり、こちらは「変性すべり症」と呼びます。
分離症の時点で、腰を支える組織がもろくなっているので、一般的には保存療法といって安静にして悪化しないようにしていきます。
分離すべり症まで進行して保存療法では対処出来なくなってくると、手術を行う場合があります。

しかし、分離症の状態でも痛みなどの症状が発症しない方もいて、スポーツを楽しむ事ができる場合がありますので、早期発見と対処が非常に重要になってきます。

主な原因

「分離症」は骨の成長がある成長期(10代)に激しい運動をしている子供や、スポーツ選手に多くみられます。痛みなどを我慢して運動やスポーツを続けていると分離症が分離すべり症に進行してしまいます。
また高齢者にみられる「変性すべり症」は骨粗鬆症などがある場合に発症のリスクが高まります。

当院の分離すべり症
に対する施術

腰の形状的に分離すべり症が発症しやすいのが、腰椎の4番付近です。
これは体重支持の際に弱点になりやすい箇所なので、この周囲の筋肉を緩めたり、骨格のバランスをとっていきます。

また反り腰と呼ばれる状態では、分離すべり症が発症・悪化しやすいので、その原因になる太ももの前の筋肉も一緒に施術していきます。

症状緩和後は、弱くなってしまった患部の補強をしていかないとすぐ再発してしまうので、簡単に出来るエクササイズなどを指導していきます。