運動器画像

適応症状 五十肩

五十肩

五十肩とは

五十肩とは原因が特定出来ないもので、肩関節に痛みや炎症を起こし、可動域制限がある状態を言います。別名を肩関節周囲炎と言います。

五十肩画像

その名の通り、40~50代に好発する状態でしたが、最近は発症年齢が若年化してきている傾向にあります。
30代にはもちろん。20代で発症する方も中にはいらっしゃいます。近年のデスクワークや生活の変化により発症が早まっているのではないでしょうか。

石灰沈着などはレントゲンで確認出来るため、整形外科などでも診断を受ける方が多くいます。

ですが五十肩に対して正しく施術を受けている方は少数のように感じます。
2年程我慢すれば、症状が無くなっていく事が多いため、痛み止めで様子見になっている方が多いのです。
しかし、我慢していても悪化してしまう場合もあり、放置は危険です。
正しく施術を行えば、症状に悩まされる期間を大幅に短くすることが可能です。

主な原因

原因が特定出来ないものを五十肩と言うのですが、原因として考えられるものは以下になります。

・首、肩や肩甲骨の筋肉
・靭帯の損傷(古傷も含む)
・静脈系やリンパ系の循環不全
・石灰沈着
・関節包の硬化
・滑液包の炎症

他の原因も患者様によっては考えられますが、比較的多いものは以上になります。

当院の五十肩
に対する施術

まず、痛みや炎症を起こしている原因の組織を詳しく鑑別して施術をおこないます。症状を引き起こす原因の組織が一人ひとり違うので、正確な判断が必要になります。

また、五十肩には筋肉や靭帯などの軟部組織や骨格の問題だけでなく、「静脈系・リンパ系」に問題を起こしている方がいらっしゃるのでそちらのアプローチも行います。
こちらのアプローチに関してはあまり他院では行われないので、「静脈系・リンパ系」に原因がある場合には効果を実感して頂けるかと思います。

また可動域制限の回復を促すため、運動やセルフケアをお伝えします。