運動器画像

適応症状 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは

首と胸の間を通る神経が圧迫されて起こる症状の事を言います。手や腕、肩、首などに痛みや痺れを感じる症状の方が多いです。神経の圧迫と一緒に血管を圧迫する事があり、その場合は手先の冷えなども感じる場合があります。

胸郭出口症候群は神経を圧迫している場所によってさらに細かく別れます。
・頚肋症候群(頚肋という骨が原因)
・斜角筋症候群(前斜角筋と中斜角筋の間が原因)
・肋鎖症候群(鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙)
・過外転症候群(小胸筋が原因)
それぞれ原因になる場所が異なるので、原因に合わせた対処が必要になります。

男性よりも、女性に発症する事が多く、性差以外にもなで肩の人や日常的に重たいものを持つ人にも好発します。

初期の症状は、肩こりに近い感覚を覚える方が多いですが、悪化してしまうと神経症状が強く発症してきます。痺れや感覚異常だけだなく、筋力低下や運動障害、筋萎縮までなってしまう方もいます。
特に女性は、肩こりを日常的に感じている方が多くいるため、肩こりと勘違いしてしまい放置してしまう場合もあるので、特に注意が必要です。

主な原因

・不良姿勢
・首や肩、背中のコリ
・骨格や骨盤の歪み
・長時間のデスクワーク
・スマートフォンの使いすぎ
・運動不足や筋力不足

当院の胸郭出口症候群
に対する施術

まず初めに神経圧迫をしている場所を特定します。それぞれの圧迫場所に沿った検査方法があるのでそれを実施致します。

そしてその場所の周囲の筋肉を緩めて神経や血管の圧迫を緩和して症状の回復を目指します。

また、姿勢や骨格の問題で再発しやすい状態になっている方が多いので、全身的な調整を行います。