神経痛・自律神経画像

適応症状 難聴

難 聴

難聴とは

特定の音を聞く能力を失ったことをいいます。
高い音を聞くことができない場合や複数人が会話をしている状況では、一人の声を選ぶことができないこともあります。
また単純に音を聞く能力が低下している場合もあります。聞こえにくさにも様々な種類があるのです。

難聴は、大きな音を聞いた後に起こる耳鳴りのように一時的な場合もありますが、ほとんどの場合、聞き取りの器官が損傷を受けているため、永続的です。

難聴画像

難聴には分類があり、
・伝音性難聴(外耳から中耳に原因がある難聴)
・感音性難聴(内耳から聴覚神経に原因がある難聴)
・機能性難聴(耳に問題がみられない難聴のことで、ストレスが原因)に分類されます。

また突発性難聴といい、急激に症状が出現する難聴もあり、早期対応がその後の予後を大きく左右する (詳しいメカニズムは分かってないのですが、発症48時間以内にステロイド剤を投与すると、しなかった場合に比べて経過良好)為、注意が必要です。

当院では伝音性難聴機能性難聴に対応可能です。

主な原因

・ストレス
・自律神経の乱れ
・骨格や骨盤の歪み
・首の筋肉のコリ
・静脈系の循環不全

当院の難聴
に対する施術

伝音性難聴や機能性難聴であれば施術での効果が期待できますので、伝音性難聴・機能性難聴か感音性難聴(効果が当院では期待できない)かどうかを判別して施術を行っていきます。

当院で施術可能な難聴の場合は、首の筋肉を中心に施術を行います。
首の筋肉の緊張が、耳小骨(音を伝える為の骨)の働きを阻害してしまうので、音が正しく伝わりにくくなってしまいます。

また最近はストレスが原因の機能性難聴も増えているので、その患者様にはストレスを取り除けるように、自律神経を含めて全身の施術を行います。