運動器画像

適応症状 捻挫

足関節捻挫

捻 挫

捻挫とは、骨と骨が離れないように、そして動きすぎないようにつなぎとめている接着剤のような役割をしている組織です。

そして身体のどこかの関節が必要以上に離れてしまったり、動きすぎた時に靭帯を損傷してしまう場合があります。これを捻挫といいます。

首や肩、腰や膝などの関節にも靭帯が存在し、捻挫してしまう事がありますが、ここではとても発生頻度の高い足首の捻挫についてご説明させて頂きます。

足首の捻挫は、大きく分けて内返し、外返しと2種類の発生機序がありますが、多いのは内がえし捻挫です。
何故多いかといいますと、足首の関節は脛骨、腓骨、距骨の3つの骨で作られており、外くるぶしにあたる腓骨が、内くるぶしにあたる脛骨よりも低い位置まで来ているため、構造上内返ししやすくなっているからです。
また、内くるぶし周辺の靭帯より、外くるぶし周辺の靭帯のほうが弱いために損傷しやすいというのも多い理由となっております。

そして足関節の外側の靭帯で一番損傷しやすいのは前距腓靭帯。次に踵腓靭帯、最後に後距腓靭帯の順になっています。
他にも足関節周囲の靭帯で前脛腓靭帯、二分靱帯なども内がえし動作によって損傷しやすい靭帯です。

捻挫画像

また捻挫は靭帯の損傷状態によって3種類に分けられます。

一度:(軽度の捻挫)
靭帯のごく一部に傷が出来た状態です。軽度の圧痛と腫脹が見られます。関節に不安定性(緩み)は感じられません。

二度:(靭帯の部分断裂)
靭帯が部分的に断裂してしまった状態で、不安定性は殆どないですが、広い範囲の腫脹と圧痛があります。皮下出血がみられることもあります。

三度:(靭帯の完全断裂) 靭帯が完全に断裂し、不安定性を感じます。そして強い圧痛と腫脹、広範囲の皮下出血がみられます。骨折も同じような状態になるため、鑑別がとても大切になります。

一般的に捻挫と言われると骨折しているわけではないので、安易に考えられがちです。
そのために普段どおり動いてしまい、なかなか治らないということが良くあります。
他にも捻挫を軽視して治療せず、足関節の可動域が減ってしまい和式トイレが使えなくなってしまった(しゃがめなくなった)人も少なくありません。

そしてよく「捻挫は癖になる」と聞きますが、それはしっかりと治療しなかったために関節が緩んでしまい(靭帯が伸びてしまう)、捻挫しやすい足になってしまったためです。
また怖い話ですが、一度切れた靭帯を治すために体内では瘢痕組織というもので、靭帯を修復していきます。この瘢痕組織は元の靭帯よりも切れやすいため損傷しやすくなります。
つまり一度切れた靭帯は2度と元の強度には戻らないのです。

しかし、しっかりとした応急処置と固定を行い、足回りの筋肉をしっかり鍛えることで、前よりも怪我しにくいお体に作り変えていくことが出来ます。

主な原因

・スポーツや運動
・骨格や骨盤の歪み
・筋力バランスの不良
・足関節捻挫のアライメント不良

当院の捻挫
に対する施術

捻挫してしまったばかりの急性期に大切なのはRICE処置です。
R(Rest):安静
I(Ice):冷却
C(Compression):圧迫
E(Elevation):挙上
まずはアイシング、氷などで患部をしっかりと冷やし炎症反応を抑えていきます。

次に包帯やパッドを用いて患部を適度に圧迫、固定(安静)していきます。
挙上は寝る際に少し足を高めにして寝ることで、局部の循環を改善し腫脹や内出血を防ぎます。
そして固くなってしまった筋肉を緩めるための手技も同時に行っていきます。

痛みが引くまで上記の状態を維持し、固定と手技を行っていきます。
包帯は当院で来院のたびに清潔なものに交換いたします。交換の際、足湯を使ってきれいに洗うので痒みや匂いによる不快感を感じずに過ごせます。

痛みが和らぎ、腫脹が無くなったら固定の種類をサポーターなどに変えてゆるくしていきます。今度は冷やすのではなくしっかりと温め、血行を良くしてあげることが大切です。
また痛くない範囲で運動やストレッチを始めていきます。

最終段階では、可動域改善のための運動療法と再発しにくいように筋トレも行っていきます。
また自宅でもご自身でメンテナンス出来るようストレッチなどのセルフケア法も指導いたします。

※受傷10日以内の捻挫は健康保険が適応されます。詳しくは当院までお問い合わせ下さい。

当院が包帯固定にこだわる理由

包帯画像

(伸びない)綿包帯を見ると、とても古いイメージを持たれる方が多いと思います。
今は伸び縮みする包帯やサポーター、テーピングなどが捻挫の治療に多く使われています。

捻挫のご経験ある方は感じたと思うのですが、サポーターや伸縮包帯で固定しても、歩くと痛くありませんでしたか?私は以前競技スキーの練習中に派手に転倒して捻挫したことがあります。
このときは8の字に巻くタイプのサポーターと湿布を渡されて安静を指示されたのですが、痛くてとても歩けなかったことを今でも鮮明に覚えてます。

これはサポーターの固定力が弱いために関節が動いていまい、傷ついた靭帯に負荷がかかって痛みを出しているわけです。

またテーピングで固定する方法もありますが、テーピングは巻き終わった時から徐々に固定力が低下していきます。
それに皮膚に直接テープを貼る場合もあるため、皮膚に余計なストレスを与えてしまいます。

綿包帯は巻くことが少しむずかしいですが、全く伸びないため伸縮包帯やサポーターよりも固定力が高いのです。また綿ですので肌に優しく、余計なストレスを与えません。

損傷の度合いによって使い分けますが、痛みが強く安静維持の大事な急性期には、綿包帯を用いて固定することを勧めております。(もちろん患者様の環境を第一に考えますのでその限りではございません。)