運動器画像

適応症状 肘内障

肘内障

肘内障とは

骨がまだ発達していない1歳未満から6歳くらいの子供に多い疾患で、肘の脱臼と言われることが多いです。
実際には肘の靭帯が外れかかっている状態です。
強く手を引っ張ったり、子供同士で遊んでるときに発生することが多いです。

肘内障画像

突然子供が泣き出し、腕をだらんとして動かそうとしません。痛い場所を聞くと肘を指し、腕や肘、肩を触られるのを嫌がるのが特徴です。
見た目に腫れや出血などがないため、何が起きているのかわからず慌ててしまう親御さんも少なくありません。
少しでも動かすと激痛が走りますのでそのまま安静にし、その日のうちにすぐ近くの整形外科や接骨院につれていくことが大切です。

当院の肘内障
に対する施術

当院でも肘内障の施術(徒手整復)が可能です。経験豊富なスタッフがおりますのでご安心ください。
整復することで肘の状態が元通りになり、その日のうちに普段どおり腕を動かせるようになります。

しかしながら骨がしっかり成長するまでは再発する可能性があります。どうすれば再発を防げるかをしっかりとご説明させて頂きます。

※HPや動画で整復のやり方を説明しているものもありますが、整復は知識のある専門家が行って初めて効果が出せるものです。 見様見真似での整復はお子様へ余計なストレスをかけるばかりでなく、症状が悪化してしまう可能性もございます。 必ずお近くの整形外科か接骨院へ行って頂き、医師や柔道整復師の専門資格をもった方へ整復をお願いすることを強くお勧めいたします。