運動器画像

適応症状 ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は西洋では「魔女の一撃」と言われ、突然発症し原因が分からない事も多く、一度なってしまうと癖になり、定期的に再発してしまう方も多いとても厄介な状態です。

ぎっくり腰画像

1~2週間で自然に症状が減っていく方もいるので、「我慢するもの」「安静にするしかない」といった認識を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ぎっくり腰になった時の治療法として、コルセットを巻き、痛みの出ない姿勢を維持することと、痛みを抑えるための湿布や飲み薬を使用して治るまで大人しくすること、が一般的に知られている内容だと思います。

実はぎっくり腰にはいくつか種類があります。
「攣縮(れんしゅく)型」・「関節型」・「混合型」などがあり、
「攣縮(れんしゅく)型」の特徴は、筋肉の緊張がとてつもなく強い状態にあります。ぎっくり腰特有の「グキッ!」と腰が鳴ってそこから一歩も動けなくなってしまう状態です。
この「攣縮型」の多くは腸腰筋という腰の筋肉に原因があることが多く、正しく施術を行い筋緊張が緩和すれば比較的、症状の経過は良好です。
ぎっくり腰になったけど、施術してもらったらすぐに良くなった!という人のぎっくり腰はこのタイプになります。

「関節型」は、ぎっくり腰になった瞬間がわかりにくいタイプです。腰に違和感を覚えて1〜2週間かけて次第に症状が強くなっていき、ついには動けなくなってしまう方が多くみられます。
仙腸関節という関節のかみ合わせが悪くなってしまい、徐々に体重を支える負担が溜まっていきます。
施術をしても筋肉を緩めるだけでは経過が悪い事が多く、関節のかみ合わせを改善しないと症状が残ってしまいます。

「混合型」は「攣縮型」と「関節型」の両方が混在する状態です。筋肉の緊張が強く、さらに関節のかみ合わせも悪いのでより適切な処置が必要になります。

上記のようにぎっくり腰の種類を正しく鑑別して、正しい処置を行えば回復を早める事も、再発を予防する事も可能なのです。

主な原因

人によって、種類によって原因は様々ですが、多くの方は疲労が溜まっていたり生活環境が変わったりとぎっくり腰を発症してしまう前に直接的ではなくてもなんらかの原因があることがあります。
他には、重いものを持った
 気圧の急激な変化
 慣れない運動を行った
 骨盤・骨格の歪み
 睡眠不足
 妊娠・出産
 長時間のデスクワークなど

当院のぎっくり腰
に対する施術

当院では、「急性期」と言われる痛みや炎症が強く、動いたりすると激しい痛みを感じる時期と、その後の「亜急性期」と言われる激しい症状は落ち着き始めたが、まだ鈍い痛みが残り日常生活でも支障をきたす時期を適切に見極めてその時期にあった施術を使い分けます。

「急性期」では症状を悪化させないように、柔道整復術を用いて正しく応急処置を行い、「亜急性期」では、患者様のお身体を総合的に判断に原因を探って施術を行います。

その時期合った処置を適切に行うことでぎっくり腰になってしまったが、仕事を休めない方や大事な用事が控えている方などの回復へのサポートが出来ると考えています。

「急性期」が終わり、施術できる内容が増えてきたら、上記にあった「攣縮型」・「関節型」・「混合型」、それぞれにあった処置を行います。
ぎっくり腰の種類に合わせて処置を行うには様々な施術技術が必要になります。
そこで当院では必要な技術を追加料金なしで受けられる総合施術で「急性期」以降の施術を対応させて頂きます。

※「急性期」の症状に対しては健康保険が適応になる場合もあるので、詳しくは当院までお尋ねください。

また再発予防に関しても、患者様一人ひとりに合ったサポートを行い、お手伝いさせて頂きます。