運動器画像

適応症状 関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチとは

免疫の異常により、手足の関節に腫れや痛みなどが出現する病気です。30~50歳代女性に起こりやすい病気です。

朝のこわばりなど特徴的な症状が出現します。
他の症状としては、
・関節炎
・関節水腫
・腱鞘炎
・滑液包炎
・関節変形などがあります。

進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。

原因は分かっておりませんが、早期に適切な処置を行えば、ほとんど症状の出ない状態を目指すことが可能です。

当院の関節リウマチ
に対する施術

症状である関節炎や腱鞘炎滑液包炎などは施術可能ですが、進行を抑える為に専門機関との併院をおすすめしています。

各症状の処置について詳しくは上記リンクから各ページをご覧ください。