婦人科画像

適応症状 生理痛(月経困難症)

生理痛(月経困難症)

生理痛(月経困難症)とは

月経に伴い、出現する症状を言います。疼痛が強く、日常生活を送る上で問題があるほどの重度なものを月経困難症という。
原因や分類が様々あるので、原因に合わせた対処が必要になってきます。

機能性月経困難症(子宮の機能に原因があるもの)
器質的月経困難症(子宮自体に原因があるもの)
神経性月経困難症(神経や精神的に原因があるもの)
膜様性月経困難症(子宮内膜の排出に原因があるもの)
炎症性月経困難症(子宮やその周囲にある炎症に原因があるもの)
腫瘍性月経困難症(子宮やその周囲にある腫瘍に原因があるもの)

症状は痛みが主にあり、下腹部痛が最も多く、次に腰痛がある。痛みの種類や程度は様々あります。

また、生理痛の原因として子宮内膜症や子宮筋腫が隠れている場合があるので、
症状が進行性で痛みが月経毎に強くなってく場合は、専門機関の受診をおすすめしています。

他にも、
経血量が通常よりも多い/少ない
生理の日数が長い/短い
いつもより出血続く
レバー状の塊が出る
などの症状がある場合にも注意が必要です。

もちろん上記の様な重篤な疾患が隠れていなくても症状は強く出ることもあります。
医療機関の診察を受けても原因不明で、服薬の上、様子見になる方も多くいます。

ですが、正しく対処することで、症状の程度をコントロールする事は可能です。

まずは冷え性に対処しましょう。生理痛などの婦人科症状がある方は、ほとんどの方で冷え性もあります。 当院では冷え性に特化した特別コースもありますので、ぜひ一度ご相談ください。

当院の生理痛(月経困難症)
に対する施術

生理前症候群(PMS)と同様に症状が始まる前に施術する事が最重要になります。
強い症状を抑えるというよりは、症状が出始める前に、自律神経や内臓を整え、症状が出にくい身体、症状が出ても重くならない身体を目指します。

東洋医学の考え方はこの生理痛(月経困難症)を始めとする、婦人科疾患に対してとても有効です。
東洋医学では、経験則的にこのツボが反応すれば、ここが悪い。この筋肉が硬ければこっちが疲れている。
といった具合で、原因が例え分からなくても、お身体の状態に合わせて施術を行うことが出来ます。

辛い症状に、日常生活を振り回されないようぜひ一度施術を受けてみてください。