婦人科画像

適応症状 月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは

生理の2週間前から起こる様々な症状の総称です。
症状は
腹痛、頭痛、めまい、便秘、下痢など身体に関する問題だけではなく、
倦怠感、イライラ、攻撃的になる、無気力、憂鬱になるなど精神面でも様々です。
症状が重くなる方は、日常生活や仕事に支障が出ることもあります。

女性であれば、何かしらの症状に当てはまる事がほとんどですが、症状があるのが当たり前と認識して諦めていたり、市販薬に頼ってしまっている方が多いようです。

基本的に原因は不明と言われる事が多いですが、女性ホルモンの分泌の乱れが影響すると言われています。
そもそもホルモンとは、身体の機能を管理して、恒常性(身体の状態を一定に保つ働き)の維持を行います。そのホルモン分泌が乱れるので身体にも様々な症状が出ます。
女性はどうしても、月経周期に合わせてホルモン分泌が変化します。男性に比べてホルモン分泌がもともと乱れやすいのです。

また、ホルモン自体も医学的に実はまだ良く分かってません。なので、原因不明と言われてしまいます。

主な原因

冷え性
自律神経の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・骨格や骨盤の歪み
・臀部(お尻)の筋肉の緊張

当院の月経前症候群(PMS)
に対する施術

症状が出始める前に施術を行う事が最重要になります。
強い症状を抑えるというよりは、症状が出始める前に、自律神経や内臓を整え、症状が出にくい身体、症状が出ても重くならない身体を目指します。

東洋医学の考え方はこの月経前症候群(PMS)を始めとする、婦人科疾患に対してとても有効です。
東洋医学では、経験則的にこのツボが反応すれば、ここが悪い。この筋肉が硬ければこっちが疲れている。
といった具合で、原因が例え分からなくても、お身体の状態に合わせて施術を行うことが出来ます。

辛い症状に、日常生活を振り回されないようぜひ一度施術を受けてみてください。