交通事故・労災

交通事故

交通事故はやまと鍼灸接骨院にお任せください!!

当院は
・自賠責保険・任意保険が使用出来るため「負担金ゼロ!」
・痛みの発生場所を根気強く探し出すため「痛みゼロ!」
・予約優先のため「待ち時間ゼロ!」
土日祝もOK!平日夜20:00(土日祝は19:00)まで診療!(時間外はご相談)
・交通事故の専門スタッフが対応「手続きや交渉もサポート!心配ゼロ!」
で対応させて頂きます。
安心してご来院ください!

施術の前に
行っておく5つの大切なこと

不運にも交通事故に
あってしまった場合の対処として
まず初めに以下の5つのことを
行うことが大切です。

(1)すぐに警察に連絡をしましょう。

事故を起こしてしまったらすぐに警察に連絡しましょう。
事故の程度に関係なく、加害者はもちろん被害者からも届け出ることが大切です。
怪我をしてしまっている場合、人身扱いの届け出が重要になってまいります。
自賠責保険も任意保険も事故証明が必要となりますのでご注意ください。

(2)以下の事を確認しておきましょう

・加害者の氏名、住所、連絡のつく電話番号
(必ず免許証で氏名と住所は確認しましょう。一緒に名刺も貰っておくのもいいです。)
・相手の加入している保険会社と番号、担当者名
(任意保険に加入してない場合は自賠責証明書番号を確認しておく)
・車の登録ナンバー

(3)できれば当日に近くの整形外科、または接骨院へ行きましょう。

初めに当院へ来て頂いた場合は、今後の事故対応のご説明を行います。
そしてお身体の状態を確認させて頂き施術を行います。
その後に、お近くの整形外科へ行って頂き、診断書を作成していただきます。
その上で当院で施術を受ける旨をお伝え下さい。

(4)保険会社へ、行った病院、及び当院へ通院する旨を連絡しましょう

連絡の取っている保険会社へ、行っている病院と当院へ通院する旨を伝えてください。
保険会社へ伝える前に施術を受けることは可能です。保険会社から連絡が来てから窓口負担が0となるため、それまではお預り金としてお支払い頂き、連絡が取れ次第全額ご返金させて頂きます。

(5)任意保険弁護士特約をご存知でしょうか?

交通事故に合った場合、加害者側の保険会社との示談交渉はご自分でしなくてはなりません。
しかしあなたが加入している任意保険に弁護士特約が付随していれば、負担金無しで弁護士に依頼することができます。
結果示談金が増額したり、突然治療を打ち切られることもなくなりますので非常に助かります。
事故に遭われたらすぐに弁護士特約に加入しているかを確認し、保険会社に弁護士を依頼することをお勧め致します。

交通事故(自賠責)
の考え方と施術内容について

当院では窓口負担「¥0」で
交通事故の施術を受けられます

〈交通事故(自賠責)に対する考え方〉

交通事故でのお怪我はなによりも早期対応が重要です。
まずは、最初の問診を確実に行います。交通事故などの施術で注意が必要なのは患者様自身が気づいていない症状が隠れている場合が多いという点です。
あとから気づいた場合では、交通事故での症状と認められず適切に施術を受けられないばかりか、慰謝料や示談交渉などの際に不利に働いてしまう場合があります。
当院では患者さんのお身体に後遺症を残さないようにするため、また保険会社とのやり取りでも不利益が出ないようにするためにも最初の問診を大切にしています。

〈施術内容について〉

当院の施術は病院のような電気療法と湿布、薬を処方して「様子を見ましょう」というような治療は行いません。
毎回手技療法にて治療を行い、骨格、関節、筋肉、神経など影響を受けてしまっている組織にアプローチし、後遺症を残さないよう施術を行っていきます。
交通事故の症状は千差万別です。電気療法や薬では対応できない部分まで一人ひとりの症状に合った手技を選び、組合せて行ってまいります。

交通事故img
人身事故に伴う
慰謝料について

人身事故で支払われる治療費の他に、通院日数や後遺症の程度、被害者死亡などによって支払われる慰謝料というものがあります。
金額は種類や用いる基準によって変わりますが、ここでは入院や通院した場合に発生する「入通院慰謝料」についてお話いたします。
基準も自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準とありますが、自賠責保険で支払われる入通院慰謝料は「法律で定められた最低限の保証」です。
算出方法は

通院開始から終了までの日数」と「通院した日数の2倍」を比べて少ない方4,300円を掛けた額

を受け取ることが出来ます。
慰謝料と言われると、いくら被害者の立場であっても少し遠慮してしまいがちですが、もし保険で施術していても残念ながら後遺症が僅かに残ってしまった場合、後遺症の施術はこの慰謝料でもらえたお金で行っていくことになります。

交通事故img

たいしたことないからと安易に考えて、しっかり施術せずに残ってしまった後遺症で悩まされないようにするためにも
しっかりと通院しお身体のケアを行い請求できるものはしっかり請求して、今後のご自身のお身体の変化に備えて行きましょう。

交通事故img

保険や交通事故の手続きなど、いろいろな心配事もこちらで全てサポートさせて頂きますので安心してご来院ください。
何よりも「早期対応」が大切です!! 当院は土・日・祝も営業しております。

Q&A

Q:接骨院へ通院するにはどのようにすればいいですか?
A:保険会社の担当へ、当院へ通う旨を伝えてください。保険会社から当院へ連絡が入り通院可能となります。

Q:今通っている病院、整骨院から変更することは可能ですか?
A:可能です。どこに通うかは被害者の方が決められる権利がありますので、転院する旨を保険会社に伝えてください。

Q:病院と接骨院を同時並行して通院できますか?
A:可能です。ただし、同日通院は出来ませんのでご注意ください。

Q:施術内容と時間はどれくらいですか?
A:症状により変わってきますが、電気療法と手技療法がメインとなります。時間は約30分です。

Q:仕事で通いにくいのですが…
A:当院は平日10:00~20:00(最終受付19:30)まで、土日祝は10:00〜19:00まで、休憩時間なしで営業しておりますので、他と比べても通いやすいと思います。

Q:予約は可能ですか?
A:もちろん可能です。1ヶ月先まで予約出来るのでスケジュールに合わせて通院出来ると思います。

当院の
労災適応に対する施術

労災(労働災害)とは、業務上従業員が被った怪我や疾病等の災害に対して保証する制度です。
労災には大きく分けて「業務災害」と「通勤災害」の2種類があります。
簡単にまとめると、業務災害は業務中の災害、通勤災害は通勤中、つまり勤務先から家に帰る途中の災害のことを指します。
労災を申請する場合、その業務を行う上でなってしまった怪我かどうか、会社に申請して許可をもらわないといけません。
当院ではお怪我の状態、労災申請で必要な書類、記入箇所などを説明させて頂きますので、「仕事中の怪我なんだけど労災おりるのかな?」など心配なことがあれば遠慮なくご相談ください。
許可が下りれば窓口負担ゼロでお怪我の治療が行なえます。