神経痛・自律神経画像

適応症状 頭痛

頭 痛

頭痛とは

頭部に限局する痛みや不快感の総称です。慢性的なものから、周期的なもの突発的なものと様々な種類があります。

頭痛の9割はレントゲンや血液検査では原因が特定出来ないものだと言われています。これを一次性頭痛と言います。

この一次性頭痛は
緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛に分けられます。
頭や首、肩などの筋肉の緊張や血行不全または血管拡張によって起こると考えれられています。また近年では気圧症という、気圧の影響によっても症状が出現する頭痛も増えてきました。

頭痛画像

頭痛の中には、重篤な疾患から来るものもあります。いつも頭痛がある方では見落としがちなので、
・感じたことのない痛み
・強い吐き気を伴う
・日毎に症状が悪化する
・痺れや神経症状を伴う
などの場合は注意が必要です。症状が続く場合は専門機関への受診をおすすめ致します。

一次性頭痛の中で、特に正しく対処されていない頭痛は緊張型頭痛です。
この緊張型頭痛は筋肉の緊張による放散痛というメカニズムで発症します。
首や肩がこると症状が出る事は皆さん分かっているようですが、どの筋肉が原因かなど細かく分かっておらず、市販薬に頼ってしまう方が多いです。
実は、各筋肉毎に痛み(放散痛)を出す場所がある程度決まっているので、正しく原因になっている筋肉を施術すれば、症状の改善がみられるのです。

頭痛画像

次に偏頭痛の説明です。
この偏頭痛は言葉としては有名ですが、緊張型頭痛と正しく区別出来ていない方が多くみられます。
対処法がまったく違うので、正しく認識する必要があります。
偏頭痛は診断基準があり、
A.B~Dを満たす発作が5回以上ある。
B.頭痛の持続時間は4〜72時間
C.頭痛は以下の4つの特徴の少なくとも2項目を満たす。
  ①片側性
  ②拍動性
  ③中〜重度の頭痛
  ④日常的な動作(歩行や階段昇降など)により頭痛が悪化する。あるいは頭痛の為に日常的な動作を避ける。
D.頭痛発作中に少なくとも以下の1項目を満たす。
  ①悪心または嘔吐(あるいはその両方)
  ②光過敏および音過敏
E.他により当てはまる種類の頭痛の特徴がない。

偏頭痛の場合では、原因になっている箇所の血管が広がると症状が悪化してしまうので、緊張型頭痛に有効な血行改善が悪化する要因になってしまいます。
ただの局所的な施術ではなく、誘因(月経、騒音、光など)に関係する箇所への施術が必要になり、正しく頭痛の種類を区別した上でより全身的な施術が必要になります。

頭痛はその種類を正しく区別してそれぞれにあった対処法を取る事で、症状を緩和させる可能性が上がります。
※肩こりによる頭痛と思い、専門知識のないマッサージを受けると逆に悪化する可能性がございますので、専門知識のある鍼灸接骨院で施術を受けることをおすすめします。

主な原因

・長時間のデスクワーク
・ストレス
・骨格や骨盤の歪み
・光や音などの刺激
・生活習慣の乱れ
・首や肩のコリ
・筋力バランスの不良

当院の頭痛
に対する施術

まず、当院に施術可能な頭痛か問診を行い判断致します。
頭痛の種類によっては、医師への受診が必要な頭痛もあるので、患者様のお話や症状などを総合的に判断します。

当院に施術可能な頭痛の場合は、緊張型頭痛であれば、まず頭部及び首、肩の筋緊張を取り除き血行を正常化させます。
また、お身体の全身状態が崩れたままだとすぐに症状が再発してしまうため、
再発予防や施術効果の持続を目的として全身の骨格や筋バランス、自律神経を整えます。

当院で行う横向きでの施術では通常のうつ伏せなどでは届かない箇所に施術可能なので、
頑固なコリからくる頭痛にも対応可能です。

偏頭痛の場合は、当院で対処可能な場合とそうでない場合が患者様一人ひとり違いますので、それを問診などで判断させて頂き、施術可能な場合にのみ施術致します。

施術を受けて頂いた後は、セルフケアや今後の施術計画をお伝えして、より効果的な症状の改善を目指します。