婦人科画像

適応症状 更年期障害

更年期障害

更年期障害とは

主に女性ホルモンの分泌の変化によって起こる様々な症状の事を言います。
主にエストロゲンという女性ホルモンの減少が原因だと言われています。
閉経に伴い、卵巣の働きが衰えて引き起こります。
症状は多岐に渡り、

異常発汗、動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、のぼせ、ほてり、微熱、頭痛、過食、便秘、不安感、イライラ、うつ

などが多く見られますが、他の症状も人によってはあります。

更年期障害画像

また近年では若年性の更年期障害や男性の更年期障害(男性ホルモンの分泌異常によるもの)も増加傾向にあります。

閉経自体は女性であれば誰しも経験しますが、更年期障害となると症状がほとんど出ない方もいます。
強く症状が出てしまう方とそうでない方の違いは、健康状態なではもちろんですが、
精神状態は、その方の置かれている生活状況にも影響されます。

主な原因

・ホルモンバランスの乱れ
・自律神経の乱れ
・骨格や骨盤の歪み
・筋力バランスの不良
・運動不足や筋力不足
・冷え性

当院の更年期障害
に対する施術

ホルモン分泌が年齢によって変化するので、身体の変化自体は必ず誰にでも起こります。しかし更年期障害で悩む人とそうでない人がいます。
その違いはホルモン分泌の変化が起こった時に身体の状態が良好かそうでないかです。

内臓の働きや体力、自律神経の状態、骨格バランスなど良好に保つことで症状を少なく抑える事が可能です。
特に自律神経が乱れていると症状が強くなる傾向があるので、関係する筋肉(背中の筋肉)などの施術は効果的です

また、上記にあるように、精神状態や生活状況にも配慮が必要です。

当院では症状を抑える施術ももちろん行いますが、体質改善の施術やアドバイスも併せて行う事でより改善出来るようにお手伝い致します。