運動器画像

適応症状 むちうち症

むちうち症

むちうち症とは

車に乗っていた際に後ろから別の車が追突してくるような交通事故によって発生することで有名です。

交通事故以外でも後ろから強く身体を押されたり、何かの拍子に首に強い力がかかった場合にも発生します。

上半身を後ろから強く押されると、上半身は前に押し出されますが、細い首の上にある重い頭だけは押し出されず後ろに残る状態となり、結果強制的に首が強く後ろに反る(顔が上を向く)状態になってしまい負傷します。

正常可動域以上に動かされた首は筋肉や関節、靭帯等を損傷、いわゆる捻挫を起こします。

むち打ちは見た目だけで判断することが困難で、特に交通事故の場合は症状が遅れて出てくることもあるため、むち打ちだと気づかないこともあります。

むちうちで死ぬような事はありませんが、首の骨は脳から背骨の中を通る神経を通している重要な場所です。
しっかり対処しておかないと首肩周りの組織が硬いままになり体全体のバランスを崩して頭痛、めまい、耳鳴り、冷え、しびれのような症状が現れてしまうこともあります。

日常生活にも悪影響を出しかねませんので、大丈夫だろうと放置せず早期対処を心がけましょう。

以下が代表的な症状ですので、心当たりがあり、長く続くようであれば一度来院されることをおすすめいたします。

・首、頭、腕の痛みがある
・首、肩、背中が凝る
・首が回らない、動かすと痛い
・めまい、目がかすむ、目が疲れる
・吐き気
・なかなか寝付けない、眠れない
・頭痛
・手に力が入らない、足や指にしびれがある
・痛みに敏感になる

主な原因

交通事故
・コンタクトスポーツなどで相手とぶつかる

当院のむちうち症
に対する施術

交通事故の場合、ほとんどが首の捻挫なため症状が強い場合は首にカラー(固定具)などを着けて頂き、なるべく首を動かさないよう固定します。

症状が落ち着いてきたら首を守るために固くなった肩や背中などの首周りの筋肉を、状態を確認しながら少しづつ丁寧に緩めていきます。
また、筋肉以外の固くなってしまった組織も徐々に柔らかくしていき、首の可動域を広げていきます。

神経症状が出ているようであればその症状によって問題となっている部位を探し施術を行います。
むち打ちは長引くことが多いので焦らずゆっくりと、しっかりと治していくことが大切です。

交通事故の場合は、窓口負担¥0で施術が可能です。
詳しくは交通事故の施術をご覧ください。